日常、宝探し隊員!

3D

  • 2016年07月12日
学生時代に習ったことが
今更、何十年もたってから
ふとした瞬間に他の何かに
繋がって、あーこういうことだったのか
と実感することがあります。
それを点だったことが線になる、
なんて言いますが例えば、
海外旅行をした帰りの飛行機から見えた街。
河に沿って街が発展してるのが
ビジュアルで見える。
あ、昔地理でインダス文明だの
チグリスユーフラテス文明だの、
文明は河に沿って発展する
といってたけど、
飛行機から地形を見下ろすと
なるほど河に沿って街が見える、
本当にそうなんだなー
目で確認出来ちゃった、みたいな
軽い感じの体験とか。

こういう点と線、みたいなことは
結構体験済みですが
先日は2Dが3Dになって
おおーっと思ったことがありました。

音楽です。
音楽的なセンスはあまり
持ち合わせてないなーと
自覚してるものの
音楽、とくにライブで聴く音楽は
五感で感じて五感全部喜ぶので
大好きなのですが。

そんな私ですので
いろいろな楽器で1度に奏でる音楽を聞いても
音がまとまって総合的に聴こえてきて
楽器ごとに耳で捉えることができない!
(そんなことができる人がいるの知らなかった!)
が、あるミュージシャンの方の
音楽が出来るまでの工程と
レコーディングの様子を見てから
同じ音楽を聴いてみたら
3Dで聴こえるのですねー!
1つずつ楽器の音を重ねていって
たくさんの音のレイアーが音楽になっていって、
目を閉じると最終的に音が
奥行きのある3Dになってるー、みたいな感じ。
他のひとは普通にそういう風に音、
音楽を聴いているのかな?

そういえば、マイケルジャクソンの
ドキュメンタリー映画で
マイケルが音楽に合わせて踊って
歌っている途中で音楽をとめて
ベースの音が小さいから上げて
というような指示を出していて
この人、歌って踊って
そんな音聴き分けられるんだー!
なんだか根本から違うんだなーって
思ったのを思い出します。

音楽もそうですが、本当に
言葉で表現できてることって
ほんの一部なんだなーって
こういう時にはっと実感します。

だから、目に見えないことで
たくさんの真実あるんだろうなーって
現実逃避的な意味も込めて
勝手に信じております。
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ
日常、宝探し隊員!