日常、宝探し隊員!

疲れる

最近の情報過多な日常の中で
あれもこれも情報を調べて選択して…
の繰り返しに本当に疲れたーと
思うことがあります。 
なんだか頭の中に
隙間を持たせないような
そんな圧迫感を感じるというか。

情報だけではなくて
世の中でよく言われてること
例えば、すべてのコトに意味がある
人生には無駄な経験なんて
ひとつもない 、なんてのも
そうだそうだと思いつつ
いちいち受け止めるわけではないけど
そう思だけで疲れるー、うざいぃ
とか感じてしまうのですね。
だから、意味ないことや
馬鹿らしいことでホッとしたりします。

それを含めてのすべて意味がある
とか、無駄ないということなんでしょうが
ワタシはあえて
意味ないことは意味ないまま
そのまんま受けとめて
いいんじゃないかなと 
思うようになりました。
意味あることに格上げしなくて
いいんじゃないの?と。
すべてに意味を持たせるって
隙間なく“意味ある教”に
支配されているようで
ワタシは息が詰まってしまいそうになります。

ゲームもくだらないという一面もありますが
 頭を空っぽにして集中するので
脳が休まって良い、と聞いたことがあります。

意味ないことでゲラゲラ笑って
頭空っぽにしよー!

感覚の問題でしょうか

この間、ブラジル人の友達が
ご両親のあつ〜いキス写真を
facebookでUPしていて
おおっとちょっと
いやだいぶびっくりしました。
彼女はすごくいい写真だから
UPしているわけですが。


日本ではほとんどの家庭では 
(特にワタシの年代以上は )
両親のそういうところ
見たことすらないんじゃないかと
思っている(あるいは思い込んでいる)のですが
実態はどうなんでしょうね?! 
統計取りたいくらいですけど。

個人的にはですね、
うちの両親のそんなシーンを見たことない
というか、いやいやまじ勘弁!
見たくないわー絶対というのが
正直なところ。
とにかく、理屈ではなく
生理的にそういう感覚に
育てられております。

ですからね、ギョッとするんですよー。
最近夜になるとホームとか階段、
エスカレーターなどで
キスしてる日本人カップルを
見かけるようになりましたが
慣れてないせいなのか
なんだか日本人がそういうことしてると
生々しくて、いたたまれず
とにかく足早にそこを去ります!


そういう根っこにある感覚や
生理的なことって
文化的背景しかり
家庭環境しかり
いろんな理由で
日本人同士でも外国人のヒトとも
どうしてもわからないことは
ありますね。
でも、こういうことって
『違う』という 言葉以上でも以下でもなくて
 ただただ違うだけなんですよね。
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ
日常、宝探し隊員!