日常、宝探し隊員!

Blog の あしあと

Blog や Mixi など、
それらを見に来てくれたのが誰かがわかるように
「足跡」と名付けて、履歴がが残る機能があります。


私は、ソレが苦手デス。。。
BlogやMixiは読むのも書くのも
自由な場所であってほしいナと思う私にとっては
履歴が付いてしまうと
いろいろ面倒になってしまって
見に行くのを躊躇したり、
やめたりしてしまうこと、結構あるんです。


確かに書いていると
誰が見に来てくれてるのかなーと気になりますし、
自分が書く内容に興味を持ってくれる
未知の誰かと知り合えるかもしれないし、
そんなメリットもあると思います。


でも、今の私にとっては
Blogは普段思っていることを
正直に(勝手に!)書く場所なので
誰が見に来ているのかとかチェックしたり
誰かにコメントをもらちゃうと
気になってしまうし、結構怖いものが。。
そんなわけで
自分のココロにストップをかけないよう
足跡の機能も、コメントの機能も
封印しちゃっています。
・・・じゃぁ 独り日記書けばいいんじゃないの、
と自分でも思うのですが
日記は三日坊主で続いたためしなし。
たまーにしか書いていませんがBlogはなぜか続いている。
のはやっぱり読んで下さっている方々が
いて下さるからに他ならず・・・
勝手だし矛盾してるなー、、、私って・・・!落ち込み
  • Posted by
  • 16:55 | Edit

Emily Kame Kngwarreye

エミリー・ウングワレー展
Utopia: the Genius of Emily Kame Kngwarreye
http://www.emily2008.jp/

新国立美術館で開かれている上記展覧会に行ってきました。

彼女の絵の魅力は「力強さ」と「色彩」です。

どれも単純な線、点で描かれているのですが
独特の力強いタッチ、色彩が
ひとつひとつの絵を個性のあるものにしています。
展示方法も工夫されていたことや、
あまり混んでいなかったこともあり、
ゆったりした贅沢な時間を過ごすことができました。

彼女の絵は観る機会があまりないかも・・・と思い
ガイドブックを購入しようかと思いました。
が、実際ガイドブックを手に取ってみてみたところ
彼女の素晴らしい絵が小さな本の中に入ってしまうと
同じ絵とは思えないくらいに
単なるモダンな模様のように
全く別物になってしまっていたので
購入するのをやめました。


この展覧会ではないけれど、最近
体感することの大切さを強く感じます。
映画もDVDで観るのと
実際映画館で観るのとはずいぶん違いますし。

昔は、
展覧会のときに販売している
展示してある絵全部の解説・背景などの詳細付きの
ガイドブックに対して
後で何度でもチェックできるし
手元にいつもあるという嬉しさや
記念にもなるし、いいなーと思っていました。
そういう良さは確かにあります。

でも、今の私にとって
その場で絵画や映画をみること、
その迫力だったり、その瞬間だったり
そういう「今」を大切に「体感」することは
ナニモノにも代えられないと強く感じるのです。

ネットで時間を問わず何でも見れるような
状況下に生きているせいか
バーチャルじゃない、「生」の関わりあいを
少なくとも私は渇望しているみたいです。
  • Posted by
  • 01:34 | Edit

Five Simple Rules For Happiness


Five Simple Rules For Happiness


1. Free your heart from hatred.

2. Free your heart from worried.

3. Live simply.

4. Give more.

5. Expect less.

++++++++++++++++++++++++++++++

こうありたい

自分に反して

少しずつ

遠のいている

自分かな
  • Posted by
  • 01:20 | Edit
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ
日常、宝探し隊員!