日常、宝探し隊員!

価値基準

先日、こんな記事を発見。

-------------------
数学の難問の一つ「ポアンカレ予想」を解決した
ロシアの数学者グレゴリー・ペレルマン氏(44)が
米国のクレイ数学研究所(CMI)が3月に贈呈を決めた
賞金100万ドル(約9千万円)の受け取りを最終的に断った。

4年前には数学界最高栄誉のフィールズ賞を辞退するなど
「変わり者」として知られ、今回も動向が注目されていた。

ペレルマン氏はロシア第2の都市サンクトペテルブルクで
母親と暮らし、メディアとの接触も断ってきた。
だが同通信に1日、「断った理由はいろいろある。
だから結論を出すまでに長くかかった」と明らかにした。
主な理由として「数学界の決定は不公平で異議がある」と主張。
ポアンカレ予想の解決に貢献した
米国の数学者リチャード・ハミルトン氏の功績が
十分に評価されていないことを挙げた。

国際数学者会議は2006年、ペレルマン氏に
フィールズ賞の授与を決めたが、
同氏は「自分の証明が正しければ賞は必要ない」
と辞退している。
ポアンカレ予想は位相幾何学の難問で
100年間解けなかったとされる。
-------------------

何年か前にペレルマン氏が
「ポアンカレ予想」を解いたことが話題になり
TVで特集番組が放映されたのを思い出しました。

「ポアンカレ予想」について
恐らくわかりやすく説明されていたと思うのですが
私にはその説明すら理解できなかったことだけ覚えてます・・・
そして、取材班はそのベレルマン氏をロシアに訪ねるも
本人は雲隠れ、交流していた人を訪ねるだけという結末で終了。
謎の人物という印象だけ残っていました。



そのため、久々に彼の記事が
私には余計、目に付きました。

一般的な価値観の中で
自分の価値基準をぶっ通す、
ぶれない強さと冷静さにはっときました。

評価されることやお金(賞金)など
人間が普通もっている価値基準では
精神的にも、物質的にも
自分を満足させるには最高においしい話ばかりを
このように、ことごとく断るひとが
今の世の中、いや今までの歴史の中でどれだけいたのだろう。
もらっておけばいいのに、と凡人は思ってしまいますが・・・
世の中的には最も操作しずらい人物でしょうね。
彼をひきつけるものとは一体何なんでしょうか。


100年解けない問題というのもすごいですが
それを、こういう人物だからこそ解けたことに
妙に納得してしまいます。
世の中の「公式」には当てはまらないような発想や考えが
100年解けない問題を解いてしまう力になったのかな。。

物質的なものや精神的なことでも、
自ら捨てていくものを増やしていけば
何ににも囚われない自由な身になれる
ということを再認識しました。

ですが、そのために大きな孤独を感じたり
自分自身をがんじがらめにする何かも
同時につきまとうこともあるのではないでしょうか。

自由は、勇気のある強い人だけが手に入れられるもので
一概にポジティブな産物とはいえないものだと思えます。
だからこそ、凡人は自由な人物に
憧れてしまうのかもしれませんね。

Trackback

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ
日常、宝探し隊員!